1. TOP
  2. 甘酒の効能がスゴい!美容効果バツグン!美味しい甘酒の作り方とアレンジレシピ!

甘酒の効能がスゴい!美容効果バツグン!美味しい甘酒の作り方とアレンジレシピ!

甘酒の効能がスゴい!美容効果バツグン!美味しい甘酒の作り方とアレンジレシピ!

最近、美容や健康、ダイエットにいいと女性の間で甘酒がブームになっていることをご存知ですか?

お正月やひな祭りなどに飲むイメージが強い甘酒ですが、実は「飲む点滴」と言われるほど豊富な栄養が含まれているんです。

今回は、そんな再注目のドリンク甘酒の効果や作り方、アレンジレシピなどを紹介していきたいと思います。

女性に嬉しい!甘酒の効果・効能

嬉しい

甘酒の主な栄養素

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖
システイン、アルギニン、アミノ酸、ブドウ糖

美肌・美白効果

酒蔵の人は、色が白く肌が綺麗と言われていますが、実際に甘酒の材料でもある麹には、美白・美肌に効果的なコウジ酸が豊富に含まれています。コウジ酸には、シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果があり、シミやくすみを防いでくれます。

甘酒にはビタミンB2が多く含まれていて、このビタミンB2には皮膚を活性化・保護してくれる効果があります。また、甘酒には9種類の必須アミノ酸が全て入っているので、乾燥肌対策にもとても効果的です。

さらに、甘酒に含まれるパントテン酸は、ビタミンCの働きを助ける役割を果たします。ビタミンCは、コラーゲンを作る際に必要なビタミンですが、パントテン酸がビタミンCの働きを助けることで、コラーゲンの生成が促されるだけでなく、紫外線ダメージからお肌を守ってくれます。

美髪効果

コウジ酸は、頭皮を若返らせ、美しい髪をつくる効果があります。また、甘酒に含まれるビタミンB群のなかでも特にビチオンは、美肌・美髪に必要なコラーゲンの生成にも関係が深く、皮膚や髪の毛を美しく健康に保つ働きがあります。

ダイエット効果

甘酒にも2種類ありますが、ダイエット向きな米麹甘酒は、100gで81㎏カロリーとローカロリーフードです。(※砂糖が加えられていない甘酒のカロリーです。)
甘酒に含まれるビタミンB類には、脂質の代謝を促進し脂肪を燃焼しやすくする効果があります。また、麹由来の食物繊維やオリゴ糖によって、腸内環境が整うためお通じも良くなりお腹周りがすっきりします。

疲労回復・滋養強壮

甘酒には、たんぱく質をつくるために欠かせない必須アミノ酸が多く含まれていて、点滴に匹敵するほどだと言われています。甘酒に含まれる豊富な栄養素、消化酵素によって消化吸収を助けたり、ビタミンB群によってエネルギーを効率よく転換したり、大量に含まれるブドウ糖によって回復を強力にサポートしてくれます。

便通改善

腸内の環境を整える効果が高い食品としてよく知られる発酵食品。米麹からつくる甘酒も発酵食品であるため、もちろん便秘の解消にも効果があります。
また、甘酒に含まれる食物繊維やオリゴ糖で腸のの働きを良くし、腸内環境を整えます。自然由来の成分なため、体にも優しいです。

リラックス効果

甘酒に含まれるビタミンB1にはストレスを緩和する効果があります。また、アミノ酸には、精神を落ち着かせる効果があり、疲れを癒すリラックス効果が望めます。

甘酒の種類

米こうじで作る甘酒

米に含まれるデンプンによる甘みのみで砂糖を入れておらず、ノンアルコールのものが多いです。

酒粕で作る甘酒

酒粕をお湯に溶かして、砂糖を入れて味を調えたもの。少量のアルコールが含むことが多いです。

おすすめなのは「米こうじ」で作った甘酒!

ひとくちに「甘酒」といっても、「酒粕で作ったもの」「米こうじで作ったもの」2種類があります。

酒粕で作った甘酒には、アルコールや糖類が含まれているのに対して…

米こうじで作った甘酒は、ノンアルコールで砂糖無添加です。

そのため、お子様はもちろん、妊婦さんも安心してお飲み頂けるのが特徴です。

(米こうじで作られた甘酒の中には、より飲みやすくするために、砂糖が加えているものもありますので、原材料をしっかり確認してから購入するよう注意しましょう。)

また、米こうじで作られた甘酒の方が、栄養価が高くて低カロリーであるため、健康や美容ために飲もうと考えている方にも、米こうじの甘酒がおすすめです。

甘酒の作り方

甘酒

無糖なのに甘くて美味しい!ダイエットや美容ににも効果的な米糀で作る甘酒の作り方です。
今回は、自宅で簡単に作れる方法として炊飯器で作る甘酒のレシピを紹介します。

材料
米糀 500g
もち米(またはうるち米)4合

用意するもの
炊飯器(保温機能があるもの)
棒温度計
布巾
ボウル

◆作り方
1.もち米を洗い、炊飯ジャーの5合の線まで水を入れ、炊飯器のスイッチを入れます。
2.米糀500gをもみほぐしバラバラにします。
3.もち米が炊けたら、温度計を使いながら70℃くらいになるまで混ぜながら冷やします。
4.温度が70℃ほどになったら、米糀を入れ、もち米と米糀を良く混ぜながら60℃程になるまで温度を下げていきます。
5.60℃程になったら、布巾をかけ保温(低め)に設定します。
6.2時間置きにかきまぜながら、53℃~57℃に温度を保ちます。
※美味しい甘酒が出来る温度は50℃から60℃です。温度が高いようなら、かき混ぜながら調整してください。
7.5~6時間たったらもう一度、よく混ぜます。このあたりから自然な甘みが出てきます。
8.さらに、8〜10時間ほど置けば完成です。(お好みでこして飲んでも結構です。)

甘酒の効果的な飲み方

甘酒で栄養補給!

甘酒は栄養も豊富で低カロリーなうえに満腹感も得られるので、時間がない朝や寝坊した時の朝食代わりに飲んだり、小腹が空きた時、プチ断食事、お子様のおやつとしてもオススメです。

飲み過ぎはNG!

甘酒の糖分はブドウ糖です。飲み過ぎると急激に血糖値を上げすぎてしまうので、過度な摂取はオススメできません。

空腹時や朝食代わり、おやつの代わりに飲むのが良いでしょう。

食事量を抑えるなら・・・

食事量を減らすためや、ダイエット目的で甘酒を飲む場合は、おちょこ一杯30cc程度を、食事をする20分前にゆっくりと飲むと効果的です。

血糖値が緩やかに上がっていき脂肪を溜めにくくなったり、満足感を得ることで食べ過ぎることを防止してくれます。

アンチエイジング効果を期待するなら生の甘酒を!

生の甘酒にはたくさんの酵素が含まれています。酵素はアンチエイジングに重要な役割を果たしますが、市販の甘酒の場合、味の変化を防ぐため加熱処理を行っているため、熱でビタミンが変成し活性を失っているケースがあります。アンチエイジング効果を期待するならば、生の甘酒がオススメです。

甘酒アレンジレシピ

甘酒豆乳

豆乳甘酒

豆乳×甘酒

永作博美さんも飲んでいるという、豆乳甘酒。
無調整豆乳と甘酒を1:1で混ぜるだけと、とっても簡単で飲みやすいです。

材料

無調整豆乳 100ml
甘酒 100ml

画像引用 pinterest.com

きなこ甘酒

きなこ甘酒

きなこ×甘酒

きなこに含まれるイソフラボンはお肌によく甘酒と合わせることでより美容効果を望めます。

材料

きなこ 大さじ6杯
甘酒 200ml
水 300ml

レシピをチェック▽

http://www.elle.co.jp/atable/cooking/recipe/1670

玄米甘酒ピーチネクター

玄米甘酒ピーチネクター

桃×玄米甘酒

桃と玄米甘酒をブレンドしたもの。桃の甘みと甘酒の甘みがぴったり。

材料

<プレーン>
桃 1個
甘酒 大さじ2
水 1/2カップ
氷 1/2カップ

<カカオ>
桃 1個
甘酒 大さじ2
水 1/2カップ
氷 1/2カップ
ローカカオパウダー 大さじ2

レシピをチェック▽

http://www.livinglifemarketplace.com

かぼちゃ甘酒のバニラスムージー

かぼちゃと甘酒のバニラスムージー

かぼちゃ×甘酒

蒸したかぼちゃや煮物のあまりで出来ちゃう!簡単甘酒スムージです。

材料

かぼちゃ 30gくらい
甘酒 大さじ2
水 300㏄
バニラエクストラクト 数滴
塩 ひとつまみ

レシピをチェック▽

http://www.livinglifemarketplace.com

抹茶甘酒

抹茶甘酒

抹茶×甘酒

緑茶のもつビタミンCカテキンなどの成分がそのまま含まれていて健康にも美容にも良いドリンクです。
甘酒の甘味と抹茶の苦味が絶妙です!

材料

抹茶 大さじ2杯
甘酒 大さじ5杯
水 600ml

レシピをチェック▽

http://www.elle.co.jp/atable/cooking/recipe/1672

豆乳ティー甘酒

豆乳ティー甘酒

豆乳×紅茶×甘酒

植物性たんぱく質が豊富な豆乳と紅茶、甘酒をブレンド。ほっこりミルクティー風な味わいです。

材料

紅茶ティーバッグ 2個
豆乳 400ml
甘酒 大さじ3杯

レシピをチェック▽

http://www.elle.co.jp/atable/cooking/recipe/1673

生姜甘酒

生姜甘酒

生姜×甘酒

寒い朝でも生姜でぽかぽかに。毎日飲みたいレシピです。

材料

酒粕 約100 g
熱湯 約500ml
きび砂糖 40g〜50g(お好みで調節)
生姜の絞り汁 生姜30g分(お好みで調節)

レシピをチェック▽

http://hokuohkurashi.com/note/77217

玄米甘酒シェイク

玄米甘酒シェイク

フルーツ×玄米甘酒×豆乳

玄米で作った甘酒にフルーツと豆乳を入れてシェイクに。玄米甘酒は市販のものでもOK。

材料

お好きなフルーツ 100g
玄米 1/2カップ
麹 1カップ
水 2カップ
豆乳 100~150cc
塩麹 小さじ1/2杯

レシピをチェック▽

http://www.elle.co.jp/atable/cooking/recipe/1995

トマトバナナ甘酒スムージー

トマトバナナ甘酒スムージー

トマト×バナナ×ヨーグルト×甘酒

ミネラルやリコピンがたっぷりなトマトと、便秘や肌荒れにいいバナナをプラスした美肌美白効果バツグンなスムージー。

材料

バナナ(冷凍) 1本
ミニトマト 3個
甘酒 100ml
ヨーグルト 50g

レシピをチェック▽

http://pecolly.jp/user/photos_detail/3312008

いちご甘酒スムージー

いちご甘酒スムージー

いちご×甘酒

甘酒の甘味といちごの酸味がいいアクセントに!お色も可愛いですね!

材料

甘酒 200g
いちご 8個(100g)

レシピをチェック▽

http://cookpad.com/recipe/3126992

ほうれん草とバナナの甘酒スムージー

ほうれん草とバナナのスムージー甘酒

ほうれん草×バナナ×甘酒

豊富な酵素パワーにブドウ糖の活力回復効果をプラス。朝飲めば1日疲れ知らずです!

材料

ほうれん草 4束
バナナ 2本
豆乳 400ml
甘酒 大さじ4杯

レシピをチェック▽

http://www.elle.co.jp/atable/cooking/recipe/1671


関連記事▽

今、再注目の酒粕!効果・効能や美容パックの作り方までバナー

iHerb(アイハーブ)で買うべきおすすめ商品!クーポン・格安送料でお得にオーガニック生活!b

レシピには書いてない!料理のコツ。料理上手になるには、まず基本からb

NY発!日本でも話題のチョップドサラダのレシピb

【デトックススープ】ダイエットに効果的なのは毒素を出す良いうんこだったことが判明!b

凄い!寝起きスッキリ!黒にんにくの作り方と食べ方バナー

アサイー徹底研究その効果と効能バナー

足のむくみの原因とは?対策と解消法バナー

ごぼう茶b

 

\ SNSでシェアしよう! /

SHILASONの注目記事を受け取ろう

甘酒の効能がスゴい!美容効果バツグン!美味しい甘酒の作り方とアレンジレシピ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SHILASONの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 今、再注目の酒粕!効果・効能や美容パックの作り方まで

  • 凄い!寝起きスッキリ!黒にんにくの作り方と食べ方

  • なかなか痩せないお尻の痩せ方!お尻筋トレとお尻痩せ習慣

  • フケの原因とは?頭皮トラブル別の対処・対策方法

  • 巻きづめの矯正は自分でも出来るって知ってた?巻き爪・陥入爪の治し方

  • 風邪ひきはじめ対策には○○が良かった!風邪にいい食べ物とは?