1. TOP
  2. 自宅でできる家庭用キャビテーションとは?効果・原理・副作用まとめ

自宅でできる家庭用キャビテーションとは?効果・原理・副作用まとめ

自宅でできる家庭用キャビテーションとは?効果・原理・副作用まとめ

エステで人気のキャビテーションが自宅で手軽に行なえる家庭用キャビテーションマシン。

エステのようなボディケアを好きな時間に好きなだけ行える夢のような商品なのですが…

本当に効果あるの?と疑問に思っている方多いのではないでしょうか。

今回は、今話題の家庭用キャビテーションについて徹底的に調べてまとめてみました。

キャビテーションとは?

キャビテーション

キャビテーションとは、特殊な超音波によって脂肪を減らすトリートメント(痩身法)のことです。

凝り固まった落ちにくいお肉デコボコお肉に直接アプローチし、効率よくケアできることから人気を集めています。

キャビテーションの効果や原理(しくみ)

超音波を当てるだけで、どうして痩せるの?と疑問に思っている方も多いと思いますので、キャビテーションのしくみについてご紹介しておきたいと思います。

キャビテーションは、脂肪細胞のみに作用する特殊な周波数の超音波を当てることで、脂肪細胞内に気泡を発生させ、気泡がはじける衝撃によって脂肪細胞がなくすという技術です。

脂肪細胞に直接働きかけることで、安全に脂肪細胞そのものを減らすことができるため、切らない脂肪吸引とも呼ばれています。

キャビテーションのしくみ

脂肪細胞のみに作用する特殊な周波数の超音波を照射し、振動を与える

脂肪の中に圧力差が生じ、脂肪細胞の内部に極小の気泡を発生する

気泡がはじける衝撃で、脂肪細胞膜を破壊

脂肪が乳化し溶け出す

老廃物となって、体の外に排出される

キャビテーションのメリット

キャビテーションのしくみが分かったところで、次にメリットについてご紹介したいと思います。

リバウンドするリスクが低い

キャビテーションは、脂肪細胞を小さくするダイエットとは違って、脂肪細胞の数を減らす方法であるため、リバウンドのリスクが低いと言われています。

施術時間が短い

施術する部位にもよりますが、実際にキャビテーション自体に掛かる時間は15分から20分程度と、短時間で行なえる治療方法です。

エステサロンの場合ですと、30分程度のコースから120分以上のコースまで、さまざまなコースがありますが、いずれのコースもキャビテーション自体は20分程度であり、キャビテーション後のリンパマッサージ内容などにより所要時間が変わってきます。

痛みやダウンタイムがない

キャビテーションは、メスや薬剤を使わずに行える治療なので、施術の痛みはもちろん、ダウンタイムの必要がありません。

肌に傷をつけない

キャビテーションは、超音波を当てて、脂肪細胞を破壊するという方法で行われるので、脂肪吸引や脂肪溶解注射などと比べても、安全で、肌を傷つけずに行なうことができます。

部位痩せにも効果的

通常のダイエットでは、胸やお尻など落としたくない部分も落ちてしまいますが、キャビテーションは、当てたところのみに作用するので、自分ではなかなか痩せられない部位気になる部位のみ治療を行うことができます。

キャビテーションのデメリット・副作用心配は?

理想的な体型を目指す方にとって、メリットの多いキャビテーションですが、デメリットはないのか?調べてみました。

定期的な施術が必要

1回でも効果はありますが、大きな変化を感じたい場合には、回数を重ねて行う必要があります。

効果には個人差がありますが、最低でも5回以上の治療が必要だと言われています。

アフターケアが重要

キャビテーションの効果をきちんと得るためには、溶かした脂肪を体内の自然な代謝によって排出しなくてはなりません。

そのため、キャビテーション後はリンパマッサージなどを行い、体外へ排出しやすくしてあげる必要があります。

肝臓・胃への負担

キャビテーションによって細胞から流れ出た脂肪は、一度肝臓に集められてから分解、排出されるため、肝臓に負担がかかることがあります。

施術後は、アルコールやタバコなど肝臓へ負担がかかる行為は避けるようにしましょう。

人によっては、胃の不調が起きる事もありますので、施術の前後一時間は食事も控えたほうがよいでしょう。

超音波による骨伝導

キャビテーションマシンによっては、超音波が骨に当たり、キーンと金属音がすることがあります。

人によって個人差はありますが、脂肪が少ない方は特に感じやすいと言われ、施術後もしばらく耳に残ることがあります。

キャビテーションの効果を高めるポイント

キャビテーション 効果

サロンによって多少の違いはありますが、エステでは「温める」「溶かす」「排出(出す)」この3つのプロセスが行われています。

これらはキャビテーションの効果を高める重要なプロセスなので、家庭用キャビテーションでケアする際にも「温める・溶かす・排出」この3つのプロセスを行うことをオススメします。

体を温める

代謝が悪い(体を温めない)状態でキャビテーションを行うと、脂肪がうまく排出されず、体内に留まってしまうこともあるので、注意が必要です。

キャビテーションを行う際には、しっかりと体を温め、リンパの流れを良くし、老廃物を排出しやすい状態にしてあげることで、トリートメント効果を高めてくれます。

家庭用キャビテーションの場合は、搭載されているラジオ波(RF)を使って、気になるパーツをピンポイントで温めても良いでしょう。

排出をサポートする

キャビテーションは、溶かした脂肪を老廃物として体外に「排出」することで、はじめて効果を発揮します。

本来であれば、溶け出した脂肪は老廃物として体外に排出されますが、代謝が悪い方の場合、排出されずに体に留まってしまうこともあるので、排出をサポートしてあげることが大切です。

キャビテーション後は、リンパマッサージやストレッチ、軽い有酸素運動など、よりスムーズに排出されるように、アフターケアを必ず行うにしましょう。

家庭用キャビテーションの特徴

さまざまなメーカーから販売されている家庭用キャビテーションですが、多くのマシンには「ラジオ波(RF)」「EMS」「キャビテーション」の3つの機能がついています。

それぞれの機能は以下のとおりです。

(※キャビテーションは前述した通りなので、ここでは省略します。)

ラジオ波(RF)

サロンでも採用されている「ラジオ波(RF)」は、お肌を温めるための機能です。

キャビテーションとセットで行うことで、トリートメント効果を高めることができます。

EMS

シックスパッドでお馴染み「EMS」は、電気刺激で筋肉に刺激を与えることで、効率的なエクササイズができる機能です。

自ら運動しなくても運動したのと同じ効果が得られることから、とても人気のある機能です。

エステサロンと家庭用キャビテーションの違いって?

アフターケアの有無

キャビテーションを行う際は、溶かした脂肪を「排出」させる必要がありますが、家庭用キャビテーションには、この排出を行う機能がついているわけではありません。

サロンで受ける場合ですと、リンパマッサージなどでしっかりケアしてくれるのですが(コースによってはない場合もあります)自宅で行う場合には、こういったアフターケアを自分で行う必要があります。

周波数の違い

アフターケアの有無以外の大きな違いは、使われている周波数にあります。

家庭用キャビテーションは、特別な技術や知識がなくても「安全」に使える、家庭での使用を目的とした商品なので、どうしてもパワー等の点で業務用マシンに劣ってしまうようです・・・。

人気の家庭用キャビテーション

ボニックプロ

ボニックプロ

ボニックプロは、エステティシャン山口美都希さんが監修したキャビテーションマシンで、サロンでも採用されている「ラジオ波」「キャビテーション」「EMS」が搭載されています。

女性でも持ちやすく・扱いやすい形状にこだわって作られていて、どんな部位でも使いやすいようにコードレスタイプになっているのが特徴です。

また、防水仕様なので丸洗いできて、とっても衛生的!何より、マシンのフォルムがコロンとしていて可愛いのが人気の秘密です♡

 

beluluキャビアップ

美ルルキャビアップ

beluluキャビアップは、楽天ランキング1位を獲得している人気のキャビテーションマシンです。

他メーカーのマシンに搭載されている「キャビテーション」「ラジオ波」「EMS」に加え、スキンケアに効果的な「赤LEDエステ」が搭載されているのが特長です。

また、ボディのケアだけではなく、お顔にも使えるので、美顔器として毎日のケアに取り入れてあげるのもオススメです。

キャビスパRFコア

キャビスパ

エステさながらの本格ボディケアが行えるキャビスパRFは、美容家電のパイオニアYA-MAN(ヤーマン)社から出ている家庭用キャビテーションマシンです。

他のマシンに比べると若干お高めですが、大手美容機器メーカーならではの開発力と独自技術が盛り込まれていることもあり、愛用者の多いマシンです。

防水仕様になっているので、お風呂で体を温めながら効率良くボディ・フェイスケアが行えます。

公式通販限定モデルである「キャビスパRFコアEX」には、バストモードも搭載されており、バスト周りのケアも行えることから人気を集めています。

↓↓↓公式通販サイトはこちら!

まとめ

家庭用キャビテーションの効果を十分に得るためのポイントは「温める」「溶かす」「排出(出す)」これら3つのプロセスにあります。

ケア前は、お風呂に浸かって体を温めておく、ケア後は、リンパマッサージやストレッチ・有酸素運動をを行うなど、マシンを使ったにプラスしてセルフケアもしっかり行ってあげましょう。

今回、アフターケアの方法(やり方)については、簡単な説明にさせて頂きましたが、エステのような本格的なケアを行いたい方は、一度サロンで体験しプロの技を盗んで、真似して実践するのもひとつ手だと思いますよ^^

もちろんネットで検索するとたくさん出てきますので、そちらも参考にしてみてくださいね♪

関連記事▽

\ SNSでシェアしよう! /

SHILASONの注目記事を受け取ろう

自宅でできる家庭用キャビテーションとは?効果・原理・副作用まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SHILASONの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!