シックスパッド(SIXPAD)は効果ない?20代女性が2週間使って検証してみた!

シックスパッド(SIXPAD)は効果ない?20代女性が2週間使って検証してみた!

運動なしで筋トレ効果があると話題のシックスパッド。CMなどを見る限りかなりスゴそうだけど・・・「本当に筋トレ効果はあるのか?」「誇大広告なのでは?」など、気になることも多いこの商品。

今回は、その真相を確かめるべく、編集部の20代女子が実際にシックスパッドを2週間使って効果を検証してみました。実際に試した感想や本音を交えつつ、使い方や効果などをご紹介したいと思います。

CONTENS

そもそもシックスパッド(sixpad)とは?

SIXPAD(シックスパッド)は、世界最高峰のEMS理論、MTG社の独自技術、世界No.1サッカー選手であるクリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニング理論から開発されたエクササイズ機器です。

エクササイズ機器といっても自ら運動する必要はなく、身に着けるだけでいつでもどこでも簡単にトレーニングできてしまうのが魅力です。

シックスパッドを販売しているMTGといえば…

美意識高めな人がこぞって使ってるコロコロするこれとか・・・

美意識低いけど、私もなんだかんだ持ってる

お洒落姿勢矯正座椅子的なこれとか・・・

これも仕事用に買ったなぁ・・・今じゃほぼ使ってないけど

顔痩せのためのこれとか・・・

・・・うん、これはさすがに買ってない

こんな感じで、数々の 大ヒット商品を生み出している美容機器・健康家電を販売しているメーカーさんです。

何もしなくてもトレーニングできるのはなぜ?

筋肉と脳

通常、筋肉は「脳」から信号が送られることにより動きますが、シックスパッドなどのEMS機器を使うと、脳からの信号と同じような電気刺激を「直接筋肉」に与えることができるので、自動的に筋肉を動かし、運動させることができます。

そのため「ツラくてキツイ」トレーニングをしなくても、誰でも簡単にトレーニングすることが可能となっています。

そもそもEMSってなに?

EMS(*Electrical Muscle Stimulation)とは、電気刺激によって直接筋肉に信号を送り、筋肉を収縮させて、運動させる方法(機器)のことをいいます。

筋トレ用、ダイエット用というイメージが強いEMSですが、もともとは医療用に開発されたもので、ケガや病気などで運動ができなくなってしまった人のリハビリ用としても使用されているようです。

エステ(エステ機器)などでも使われているので、耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。

他のEMSとの違いは?

従来のEMSの多くは、トレーニング効果が望めない「高周波」が採用されています。

しかし、筋肉を効率よく鍛えることができるのは「低周波」です。

では、なぜ「低周波」を採用しないのか?

周波数と痛みの関係

それは、低い周波にするとピリピリとした低周波特有の痛みが発生してしまうためでした。

低周波の方が効果があると分かっていても「痛み」という課題がクリアできず製品化できなかったのです。

そんな中、MTGは独自開発力により見事この課題をクリア!20Hzを用いながら、特有の痛みを感じない独自の波形開発に成功したのです。

低周波を採用したこと、これが従来のEMSとシックスパッドの大きな違いです。詳細を知りたいという方は、公式HPをチェックしてみて下さい。

シックスパッドは効果ない?実際に検証してみた!

すごい商品だという事は分かりましたが、シックスパッドって、実際どのくらい効果があるの?

こればっかりは試してみなきゃ分からない!ということで、実際にシックスパッドを買って検証してみることにしました。

私の簡単なプロフィール

SSicon

性別:女
年齢:25歳
職業:Webライター

  • お酒大好き!(特にビール)
  • 晩酌は週7日
  • 運動音痴・出不精なので、運動は一切しません。
  • デスクワークなので、1日の運動量は一般以下
  • 在宅勤務なので、通勤なし

酒好き+極度の運動嫌い (痩せたいなら、まず生活改善しろ)

こんな私でもシックスパッドを使えば、本当に簡単に痩せられるのでしょうか?

20代女性がシックスパッドを2週間使ってみた!

シックスパッドボディフィット

今回の検証のために用意したのは、シックスパッドのボディフィット×2

ボディフィットは、腹筋専用のアブズフィットと違い、ウエスト・脚・腕など「部分引き締め用」に使えるタイプで、

全身の肉という肉が気になる欲張り向けタイプ!という感じがしたので、今回はボディフィットを使って検証をしたいと思います。

今回の検証内容や使用条件

sixpad1

使用した部位

腹筋・ウエスト周り

使用回数

説明書通り、各部位1日1セットを厳守

使用レベル

使用レベル7〜9(15段階中)

使用した時間帯

使用する時間は特に決めず、空いた時間や夜寝る前などに使用

備考

  • 食事制限なし
  • 禁酒なし
  • 併用トレーニングなし

上記のような超ゆる〜い感じで、今回の検証をスタートしてみたいと思います。

シックスパッド使用1日目

sixpad2

こちらが、検証初日の写真です。そろそろキテルな?と思っていましたが、写真で改めて見ると相当ヤバいですね・・・。特に、腰周りのボリューム感・・・もしや浮き輪でもつけているのか・・・?

このヒドい腹回りが、2週間という短期間でどのように変化していくのか?

シックスパッドの未知なるパワーに期待したいと思います!

シックスパッド使用14日目

sixpad3

こちらが、シックスパッドを開始して2週間後の写真です。正面から見ると分かりにくいかもしれませんが、横から見るとその違いは歴然・・・

ズボンにだら〜んと乗っていた憎たらしいお肉が、見事に無くなっているではありませんか!

今回の検証結果と比較写真!

sixpad4

ウエストの変化

シックスパッド開始前は、65cmだったウエストが、2週間後には63cmになっていました!

2週間シックスパッドを貼っただけで、2cm減ったことになります!

比較した画像を見ると、明らかに腰周りがスリムになったことが分かります。

体重の変化

体重については、測定時間や食べる物によっても変動するので判断しづらいのですが、開始時から比べると1kg減っていました。現段階では、大幅な減量は見込めないという結果になりましたが、続けてみる価値はありそうです。

シックスパッドを使って感じたことや本音

今回、シックスパッドを使ってみて感じた本音をまとめます。

ジェルシートは消耗品なので、定期購入が必要

ジェルシート

シックスパッドを貼るために必要なジェルシートは消耗品です。(2枚入り2,600円となかなかお高め・・・)

開封後は、約1ヶ月、使用回数でいうと30回程度で粘着力がなくなってきてしまいます。

私の場合は、1日2箇所に使用していたので、2週間ほどで粘着力が弱まり剥がれてくるようになりました。

粘着力がなくなってきた場合は、付属のベルトを使って固定する・ジェル表面の掃除することで使用可能ではありますが、やはり定期的な交換は必要です・・・。

シックスパッドは充電式ではなく電池式

「電池の減りが早い!」「コスパ悪い!」といった意見が多いシックスパッドですが、実際に使ってみたところ、約2週間ほどで電池切れになりました。

1日2箇所に使用していたので使用回数で考えると約30回程。(確かに早い?のかもしれませんね。)

ただ、シックスパッドは電池式だからこそ、コードレスや薄型・軽量化設計を実現しているので、電池代くらいは許容範囲かなと思います。(電池は100均でも売ってるので、負担になるほどではないかと!)

電池交換の頻度は使用頻度により異なりますが、継続的な使用を考えるとまとめ買いしておいても良いでしょう。

ピリピリした刺激や痛みについては、覚悟しておく必要あり

刺激・痛み

シックスパッドは自らトレーニングする必要がないため、肉体的な疲れやキツさを感じることがありませんが、電気刺激を与えて筋肉を強制的に動かす機器である以上、刺激や痛みについては多少覚悟しておく必要があります。(痛みといっても、弱めの電気風呂に入った時?のような感覚に近いです。)

私も数日間は、その慣れない刺激に「装着しながら仕事や通勤するなんて、絶対にムリ!」と思っていましたが、使用を重ねるうちに刺激にも慣れてきて、刺激が強ければ強いほど「効いてる!鍛えられてる!」という実感に変わってきました。

ですが「シックスパッドは全く痛くないもの」というイメージでいると継続が難しいので、刺激や痛みについては、多少覚悟しておくと良いかもしれませんね。

減量目的ではなく、引き締めたい人向け!

ウエスト・引き締め

今回の検証で分かったこと、それはシックスパッドは「減量できる商品ではない」ということです。念の為、レビューや口コミも確認してみましたが、シックスパッドのみで大幅に減量に成功したという意見は少ないのが現実です。ただし、毎日継続して使用することで、明らかに引き締めまるので、見た目的に痩せたいいう方にはオススメです。

シックスパッドのメリット

1日たったの23分でトレーニング終了

シックスパッドは、1セット23分間です。23分と聞くと思ったより長くない?と感じてしまうかもしれませんが、テレビを見ながらくつろでいたら「いつの間にかトレーニングが終了」している感じで、慣れれば想像以上にラク。どこにいても、何をしていても「ながらトレーニング」ができるので時間も有効活用できます。

どこにでも持ち運べるコンパクトさ

シックスパッドをはじめて手にした時、そのコンパクトさには驚かされました。想像以上に薄くて軽いので、これなら旅行や出張先にも持っていけるな!と感じました。(さすがに旅行には持っていきたくないけども・・・)ストイックな人は、ぜひ旅行や出張のお供にもどうぞ。

シックスパッド 薄さ

↑ 雑誌と比べるとこの通り!めっちゃくちゃ薄い!

時間のない方、運動が苦手な方でも使える

シックスパッドは、1日23分「貼るだけ」でトレーニングができるので、

  • 鍛えたいけど、時間がない!
  • 痩せたいけど、運動するのが苦手!

という方でも、かなり取り組みやすく、続けやすいのが特徴です。使用中も好きなように過ごせるので、メイク時間、就寝前の読書タイムなど、自分の毎日のルーティンに組み込んでトレーニングすることも可能です。

通常では鍛えにくい部位のトレーニングが可能

シックスパッドを使えば、通常鍛えにい部位も簡単に鍛えることができます。女性の場合、お尻や太ももなど、痩せたいけど痩せにくい部分にピンポイントで使えるのも嬉しいところ。腹筋やウエスト周りも鍛えたいけど部分痩せも!という方は、あらゆる部位に使えるボディフィットがオススメです。

まとめ

sixpad5

今回シックスパッドを2週間使ってみて、見た目の変化や数値的な変化を感じることができました。

シックスパッドは「効果がない」「全く痩せない」という意見も多々お見かけしますが、私は身を持って効果を感じることができたので、今後も続けていきたいと思ってます。

痩せけど続かない、努力できない、自分の欲求は捨てきれない、私のような怠け者でもしっかり効果が出ているので、ズボラな方や運動が嫌いな人には特にオススメのアイテムです。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
CONTENS
閉じる