1. TOP
  2. 海水浴の持ち物リスト!必須・定番アイテムからインスタ映えアイテムまで

海水浴の持ち物リスト!必須・定番アイテムからインスタ映えアイテムまで

海水浴の持ち物リスト!必須・定番アイテムからインスタ映えアイテムまで

今年もいよいよ、海水浴シーズンがやってきます!

そこで、今回は海水浴の持ち物をリストアップしてまとめてみました。

絶対持って行くべき「定番アイテム」、持って行くと快適な「便利アイテム」、持っていくと楽しい「おもしろアイテム」まで、参考になるアイテムが盛りだくさん!

前日の持ち物チェックや買い出しの際にお役立てください。

海の持ち物リスト

絶対必須&定番アイテム

まずは、これさえあればとりあえずOKな必須・定番アイテムをご紹介します。

水着

海水浴に行くのだから、水着を忘れてしまってはお話になりません。

洋服の下に水着を着て出る人も多いですし、流石に水着を忘れる人はいないですよね(笑)

着替え・下着

「シャワーを浴びた後、さっぱり気分で帰りたい!」という方は着替えも必須です♪

(荷物にはなりますが、濡れたり、汗をかいたりすることを考えるとあった方が良いと思います。)

家から水着を着て出かけると、うっかり帰る時用の下着を忘れがちなので、出かける前には必ず確認を。

タオル

海へ遊びに行く際に、忘れてはならないのがタオルです。バスタオルとハンドタオル、最低一枚ずつあると良いでしょう。

荷物を減らしたい方は、大きめのバスタオル一枚でもどうにかなるかな・・・。

心配な方は多めに持って行くと良いかもしれません!

お子様と行く場合は、学校のプールで使っているラップタオルを持って行くと、さっと着替られて便利ですよ♪

日焼け止め・スキンケアグッズ

「紫外線はお肌の大敵!」日焼け止めは忘れずに持っていきましょう。

ウォータープルーフの日焼け止めでも、海に入ったり、汗をかいたりすると、どうしても落ちやすくなってしまうので「こまめ塗り」を心がけて。

女性の場合は、化粧水や乳液などのスキンケアグッズもあった方が良いと思います。(日焼けすると、お肌が乾燥するので・・・)サンプルや旅行用の小さめなものを日焼け止めとセットで持って行きましょう。

シャンプー・ボティーソープ

シャワーを浴びてから帰るのであれば、シャンプーやボディーソープも必須です!

しっかりメイクも落としたい方は、メイク落としや洗顔も忘れずに持って行きましょう。

ヘアケアアイテム・ヘアゴム

海に行くと、どうしても髪がギシギシになってしまいますよね・・・。そこで、活躍するのがヘアケアアイテムです!

シャワーを浴びた後、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントでケア!まとまりやすくなった髪をへアゴムで束ねれば、帰る時も快適です。

また、海へ入った後の髪は絡まりやすいので、髪が長い方はヘアブラシも忘れずに!

帽子

紫外線や日差し対策に帽子はあった方が良いでしょう。

帽子があると、髪や頭皮の日焼けを防ぐことができますし、多少髪がボサボサでも誤魔化しが効きます♪

サングラス

帽子同様に、紫外線と日差し対策にサングラスも持って行った方が良いでしょう。

女性の場合は、メイク崩れをカバーできるので、持って行くと便利ですよ♪

ビニール袋

着替えたものや濡れた水着を入れるため、ゴミ入れなど、何かと使えるので持って行くと便利です♪

道中、買い物した際に貰ったビニール袋をとっておいても良いでしょう。

レジャーシート・ござ

荷物を置いたり、休憩したりする場所を確保するためには、レジャーシートが必要となります。(忘れると周辺で買うはめになって、余計な出費に…)

レジャーシートやござは100均でも買えるので、あらかじめ買っておきましょう♪

ポケットティッシュ・ウェットティッシュ

ティッシュって無いと意外に困るものです・・・。(鼻炎の方などは特に)ポケットティッシュならそれほど荷物になりませんし、できるだけ持っていきましょう。

また、海では近くに水道がないケースも少なくありません。ご飯やお菓子を食べる時用、食べこぼし・飲みこぼしてしまった時用にウェットティッシュもあると便利ですよ。

スーパーやコンビニで貰ったウェットティッシュを数枚バッグにいれておきましょう。

化粧ポーチ・メイク用品

帰る前に化粧を直したい!という方は、化粧ポーチも忘れずに!

ただ、ゆっくり化粧をする時間はないと思うので、必要最低限のコスメだけ持っていけば良いでしょう。

ビーチサンダル

現地で靴を履き替えようとお考えの方は、ビーチサンダルも必須です。

特に女性の場合、ヒールのあるサンダルだと歩きにくいので、ビーチサンダルも別に用意することをオススメします!

たまにヒールで挑んでる強者を見かけますが、ヒールがズボズボ刺さって歩きにくそうですし、よろめいた瞬間に誰かと激突する危険もあります。(夏の海は子供も多いので、特に注意してください。)

できるだけ砂浜で歩きやすいサンダルをチョイスするようにしましょう。

小銭・コインケース

ロッカーがある海水浴場の場合、ほとんどの方がロッカーに貴重品を入れますよね。

そこで、必要になるのがコインケースと小銭です!

シャワーなどは小銭しか使えなかったりしますし、小銭なら万が一濡れてしまっても大丈夫です。500円玉で2000~5000円くらい持っておくと安心です。

快適・便利アイテム

では次に、荷物は増えるけど持って行くと快適・便利なアイテムをご紹介します。

うちわ・扇子

少しでも涼しく快適に過ごしたい方は、うちわや扇子を持っていきましょう。

お持ちの方は、ハンディーファン(携帯扇風機)があると、より快適に過ごせると思います。

ハンディーファンは、100円~2000円程度で買えるので、気になる方はチェックしてみて!

サマーベッド・ビーチチェア

海で快適に過ごすためには、サマーベッド・ビーチチェアがあると良いですね!

海の家でもレンタルできますが、年に何回も海へ行かれる方は、買って持って行ったほうが断然安上がりでしょう。

テント・タープ・パラソル

海水浴といっても、大人は海辺で過ごす時間の方が長いと思います。

遮るもののない炎天下の中、直射日光を浴び続けるのは、なかなかの修行です・・・。

お持ちの方は、テントやタープ、パラソルなどを持って行きましょう。

楽しく、快適に過ごすためにも、熱中症対策はしっかりと行ってくださいね♪

保冷バッグorクーラーボックス

電車で行く方は、保冷バッグ。車で海に行く方は、クーラーボックスがあると便利です!

夏の海では、直前に買った飲み物もすぐにぬるくなってしまいますよね・・・。そんな中、クーラーボックス(保冷バッグ)があれば、冷えた飲み物をいつでも飲むことができます!

また、暑さでお弁当などもすぐに悪くなってしまうので、お弁当を持って行こうと考えている方は、特に必須なアイテムです。

UVパーカー

絶対に焼きたくない方は、日焼け止めにプラスしてUVパーカーも持っていきましょう。

海から上がって冷えてしまった時や買い出しに行く際もさっと羽織れて便利ですよ。

スマホ・携帯防水ケース

海で写真を撮る時に手を滑らせ水没!こういったケースって意外と多いんですよね。

「一瞬だから大丈夫!」「落とすわけないっしょ!」が、まさかの悲劇に…。

大事なスマホを守るためにも、防水ケースは持っていきましょう!

携帯充電器

写真を撮ったり、地図を見たり、調べ物をしたり、音楽を聴いたり…外出時は、いつもよりも電池の消耗が早いと思いますので、念のために携帯充電器(ポータブル)は持っていった方が良いでしょう。

ケガをしたり、トラブルに巻き込まれたり、”もしも”が起きた時のために、いつでも連絡がとれる体制をとっておきましょう。

ジップロック

スマホやデジカメといった精密機器、タバコやライターといった”濡れたらマズイ物”を入れる用に、ジップロックがあると便利です。

スマホ用の防水ケースでも良いのですが、入れられる容量が限られていますし、ジップロックは防水ケースよりも安上がりです!

大きめのジップロックだと、濡れた水着を持ち帰る際にも使えて一石二鳥ですよ♪

空気入れ

大きめの浮き輪などを膨らます時に便利です。

車で行くのであれば、あらかじめ家で膨らませていっても良いのですが、人数分だとやはりかさばるので持って行くと良いでしょう。

水を入れたペットボトル

お水

車で行く場合に持って行くと便利なのが、ペッドボトルの水です。

足についた砂を落とす時、ちょっと手を洗う時、レジャーシートの重りなど…あると色々な時に使えて便利です。

設備が整った海水浴場であれば、空のペットボトルを持っていき、現地で水をいれてもOK!

イヤホン

家族や友達とワイワイという感じではなく、気分転換目的で海に行くのであれば、イヤホンやヘッドホンなどがあるといいですね!

好きな曲を聞ききながら、ゆったりと過ごすのも、またひとつの楽しみ方です。

Bluetoothスピーカー

気分を上げるため、夏気分を味わうために、Bluetoothスピーカーで音楽を流すのも良いと思います!

雰囲気から入るのも大事だったりしますしね・・♪

ただし、周りの人の迷惑にならないようマナーはしっかり守って。

海で楽しむ系・おもしろアイテム

こちらでは、海で過ごす時間をより一層楽しむために、ぜひとも持っていきたいアイテムをご紹介します。

花火

夜の海といったら・・・やっぱり花火!

最近だと、禁止されている海岸も場所も多いのですが、許可されている海岸であれば、あると盛り上がりますよ。(終わった後のゴミはしっかり持ち帰りましょうね♪)

お砂場セット

お子様と海にいかれる方は、お砂場セットがあると良いと思います。

砂のお城を作ったり、水路を作ったり、落とし穴を作ったり・・・あるといろいろ遊べますよ♪

(※潮干狩りをする場合には、もう少し本格的なものを持っていくようにしましょう。)

浮き輪

海といえば…やっぱり浮き輪ですよね!

子供から大人まで楽しめますし、何よりぷかぷか浮いてるだけで、最高に気持ちいいです!

浮き輪やシャチ、ビーチボートなど…様々なバリエーションのものを持っていくと、いろいろ楽しめます♪

スイカ

スイカ

「海でスイカ割り」ってベタだけど、意外とやったことがない方も多いのでは?

ぜひ、この機会に「海でスイカ割り体験」をしてみてはいかがでしょうか。

お子様の思い出作り(夏休みの絵日記)にも、最適ですよ♪

BBQセット

BBQが可能な海岸の場合は、BBQしながら…というのも夏らしくて良いですよね!

お子様も喜びますし、男性の場合は「今度、海でBBQするからおいでよ」の方が、断然女性を誘いやすいはず・・・♪

ただし、禁止されている海岸も多いので、あらかじめしっかりチェックしておきましょうね。

インスタ映えアイテム

せっかくだから「お洒落な写真が撮りたい…♡」

こちらでは、インスタ映えするフォトジェニックなアイテムをご紹介します。

エアーソファー・エアーベッド

エアーソファー(ベッド)とは、空気を入れるだけで完成するソファー(ベッド)のこと。(今、海外のアウトドア好きの間では、話題のアイテムなのだそう。)

インスタ映えするご機嫌な見た目+ゆっくりリラックスできる快適さ・・・コレは持っていきたくなりますね〜!

持ち運びに便利な軽量・コンパクトサイズで、海以外のレジャーでも活躍するアイテムです。

ビーチマット(ヨガマット)

この夏、チェックしておきたいアイテムのひとつが「ラウンドビーチマット」です。

持って行くだけで、いきなり海外セレブ風なお洒落な写真が撮れちゃいます♡

もちろん海専用の商品ではないので、普段はラグやソファーカバーにも使えますよ。

クッション

上記でご紹介したビーチマットと合わせてクッションも持って行くと、さらにリゾート感のある写真が撮れますよ♡

海辺でくつろぐ時もクッションがあると快適です!お車で行かれる方はぜひ。

インスタントカメラ・チェキ

スマホやデジカメがあれば、誰でも”簡単にプロのような”写真が撮れる一方で、素人ならではな”味のある”写真が撮れるインスタントカメラやチェキに再び注目が集まっています。

ぜひ、みなさんもインタントカメラやチェキを持っていって”味のある”自分らしい1枚を撮ってみてはいかがですか?

花輪(花かざり)

こちらは完全に写真用アイテムですが、花輪(花かざり)があるとリゾート感が出て可愛いですよ♡

みんなでお揃いでつけたら、インスタ映え間違いなし!

自作したい方は → フラワークラウン(花かざり)作り方

マーメイドスイムテール

マーメイドテールとは、人魚体験ができる足ひれ(モノフィン)&水着のことです。

アメリカやヨーロッパでは、すでに注目されている「マーメイドスイムテール」は、単なる憧れの人魚になりきれるコスプレアイテムなのではなく、人魚のような「マーメイディング(人魚のように泳ぐこと)」が可能!高いエクササイズ効果が望めることから、セレブにも注目されている新型スイミングなんですよ♪

水中で写真を撮る場合は綺麗な海じゃないと映えませんが…コスプレ感覚で写真を撮ってみてはいかがでしょうか…♡

まとめ

海へよく行かれる方は、ご存知だと思いますが、普段あまり海に行かない方は、何を持っていけばいいのか分からず、かなり悩まれることだろうと思います。

今回、ご紹介した「必須・定番アイテム」は、持って行くと絶対に役立つアイテムを厳選したものですので、何を持っていけばいいか分からないという方は、こちらを参考にチョイスしてみてくださいね♪

関連記事▽

\ SNSでシェアしよう! /

SHILASONの注目記事を受け取ろう

海水浴の持ち物リスト!必須・定番アイテムからインスタ映えアイテムまで

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SHILASONの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!